みちくさブログ

上高地 徳澤園のブログ

蛙の子

いよいよ夏山始まります!

スタッフたちもこの暇な時期にたっぷり休養し、そろそろ働きたがっています!

キャンプ場の整備も終わり準備万端でございます。

夏山シーズンに向けては少し改装をしました。

こちらは山の必須乾燥室。

雨で濡れたカッパなど翌日に備えて乾かすことができます。ただ、雨で濡れてテンションが下がった時に、この薄暗い乾燥室にご案内するのに少し抵抗がありました。

そこで少し明るめにリニューアル。暖房も少しグレードアップ。

これでなんとなくテンションも上がり、きれいに乾くような気がしてきました…。

晴天が続きこの乾燥室が活躍しないことが一番なのですが。

そして、みちくさ食堂には新メニュー登場。

疲れた体に甘いもの。最高に幸せな気分になります。当園といえばソフトクリームなのですが、他にも実は隠れメニューがあります。

数年前から始めた、女将の気まぐれスイーツ。手作りプリンと手作りブルーベリーチーズケーキ。

本当にお勧めで宣伝したいのですが、ネックは、「女将の気まぐれ」。

本当に気まぐれで、いつもあるとは言えません。山で雷鳥に会う確率と同じくらいしかありません。

「ここのプリンはすぐ売り切れちゃうから早く来たよ」
というお客様に、苦しそうにスタッフが
「申し訳ございません。本日は女将の気分が乗らなかったので…」
という苦しい言い訳をしています。

皆さん。無くて当たり前。あったら、雷鳥に会ったときのような微笑ましい笑顔でご注文ください。

話はずれましたが、それに加えかき氷が登場します。イチゴミルク味。とんでもなく美味しいシロップと練乳を見つけてきました。

こちらも限定数販売。

私、今は気分が乗っていますが、もしかしたら…。

蛙の子は蛙でございます。

夏山でお待ちしています!

追伸
お客様にお子さんは元気?とよく声をかけられます。この時期は家族サービスの時期。娘のピアノの発表会を見に行ったり、息子とかき氷の視察に行ったりと家族サービスも出来ました!

蛙の子の蛙の子もすっかり大きくなっています。

ヤバい…。若女将に何もサービスしてません。

インスタデビュー?

専務に代わりまして 代打 4年目フロント くり が
若者に人気のInstagram風にブログを書きます!
(Instagramがわからない方は、検索してみてください♡)
※ちなみに徳澤園はこのブログ以外SNSやっておりません!はじめてもおりません!
大きさの関係で画像内の字が小さくなってます(汗)すみません(汗)


#徳澤園 #Instagram  #なんちゃってインスタ
#みちくさショップ #お土産商品


#NUU #読み方は「ヌー」 #新商品 #シリコーンポーチ
#おすすめ #私と若旦那も愛用中
#女性はもちろん男性にもおすすめ
#ぐちゃぐちゃになりやすいカバンの中もこれですっきり


#タンブラー #Because it’s there!
#なんで山に登るの? #だってそこに山があるから
#おしゃれ #持ってるだけでおしゃれ #スタバショートサイズ


#No Mountain No Life #ステッカー
#防水 #スマホに貼って人気者になれる(はず)
#私は水筒に貼ってます #ノートパソコンにも貼ってます
#つまりどこに貼ってもかっこいいです


#POCHI #ポチ #シリコーンがまぐち
#コロンとした形がかわいすぎ
#うちのスタッフは車の小銭入れにしてます
#すごい便利 #私は飴ちゃん入れてます
#飴ちゃん言ってますが関西人ではないです


#保温ボトル #Clean Kanteen #カラフル
#この水筒がカバンから出てくる人絶対おしゃれ
#むしろこの水筒がカバンから出てくるのがおしゃれ
#上の寸胴タイプはちょっと飲みにくいけど大容量
#下のくびれタイプは口が飲みやすくなってるけど少し容量は少なめ


#Chico Bag #チコバック #エコバック
#主婦の必須アイテム #いつもは小さく
#使うときは大きく #とっても便利
#マダムたちに人気 #奥様へのお土産にもどうぞ


#槍ヶ岳チョコレートクッキー #14個入り
#信州産小麦粉 #松本産卵 #のみを使ったクッキー
#お茶菓子に最適 #カバン型パッケージ
#紐を持つと槍ヶ岳が現れる! #すごい!
#※徳沢からは槍ヶ岳は見えません


#No Mountain No Life #T-シャツ #速乾
#カラフル #お揃い #当園スタッフ(一部)
#愉快なメンバーです #色が賑やか #個性も賑やか

若旦那が自信満々に沢山仕入れてしまったので、
たっぷり在庫絶賛圧迫中です・・・

売店担当は、「こんなに仕入れて大丈夫か・・・」と
段ボールの山を見ては、冷や汗だらだら。。。
みなさん、みちくさショップに買いに来てください!!切実に・・・

P.S
今月号のランドネに徳澤園特集していただきました!
しかも、表紙を飾っております!!!すごい!!!

ちらっと中身を・・・

こんなに素敵に特集して頂いちゃいました
ちなみにフロントから私といっちゃん(5/15のブログを書いたスタッフ)が爽やか(?)な笑顔と共に写っております!!
私たちの素質かカメラマンさんの腕が良かったのか、そこはわかりませんが素敵に撮っていただきましたのでぜひぜひ手に取って見てみてください

いよいよ、来週より夏山シーズンに入ります!
良い天気に恵まれますように!!
みなさんのご来園フロントにてお待ちしております!

フロント くり

ルール2

梅雨に入ってももったいないくらいのいいお天気が続いてます。

この時期の雨で、山水を貯えるのですが、これだけ降らないと夏の水不足が心配です。……降れば降ったでまた愚痴ってしまうのですが。

上高地には様々な動物が住んでいます。というか動物の住んでいる場所に我々人間が住みだしました。

動物と人間が共存するためにはある程度の距離を保ちながら過ごす必要があります。

最近の上高地で問題は猿。ここ数年一気に数が増えました。また、人間を怖れなくもなり、今後のことを考える今対策を取る必要に迫られています。

上高地の各施設には環境省から「猿追中」と書かれたユニフォームが配布されました。

ひどいようですが、石などを使い皆で追い払い中です。ただ、外国人も多くなり理解を求めるのは大変です…。

そして、新たに徳沢キャンプ場に建てられた注意書。

キツネです。

直接噛みつかれるなどの被害はありませんし、ほとんど目にしません。

ただ、夜に出て来てテントの外にある荷物を漁られる被害が何件か報告されました。

先日は、相当香ばしい匂いがしたのか登山靴を持っていかれてしまった方もいます。

永遠に魅力的な上高地を維持し、後世に繋げるためには、時代にあったルールも見直さなければなりません。

忘れてならないのは、後から来たのは我々だということです。

ルール

ニリンソウも終わり、次々と色がついたお花が出てきています。

ただ、やはり例年通り梅雨のイメージを払拭できずとても静かな上高地です。この時期は本当にきれいな時期なんですけどね。

さて、夏山シーズン前にして最近悩みがあります。

ここ数年の山岳事故。毎年過去最高というニュースを耳にします。山小屋全体で早出早着をお客様に呼び掛けています。これ自身は事故防止にも繋がりますし、夜に登る山は富士山くらいしか知りません。

ただ、一部のお客様の中には早出をして、予定よりも早く目的地に到着し、この時間だったらと、予定より更に行程を進める方がいます。

ということは、予約していた山小屋を当日の午後にキャンセルするわけです。

ここ数年、お客様の快適向上。オーバーユースなどを理由に定員制の山小屋が増えてきました。定員に達した時点で予約は出来ません。もちろん、当園も定員制です。そして、相部屋の場合、前日までのキャンセルはキャンセル料は頂きませんが、当日のキャンセルはキャンセル料を頂きます。これも、共通のルールになりつつあります。
(キャンセル料が出来たのも、数年前に自分が通る山小屋に全て予約を入れ、当日たどり着いた山小屋に泊まるというとても自分勝手な登山をされている方が一部いました。また、団体でも行程表に蝶ヶ岳或いは徳澤園と表記し当日に決めるという旅行会社もありました。)

こんなルールが浸透しつつある今日。中には、ほんの一部の方ですが、当日連絡無しにお越しになられない方がいらっしゃいます。

当日キャンセルの連絡をするとルールに従いキャンセル料を取られる可能性があるからだと思います。

当園も、日が沈み待てど暮らせどお越しになられないお客様もいらっしゃいます。

近隣の山小屋に電話をし、その方を探します。そして、予約時に伺っていた連絡先にお電話をするわけですが、その場合大抵出てもらえることは少なく、出てもらえてもキャンセルしたと思っていた。キャンセルをしたはず(勿論、もしかしたらキャンセルを本当にしていてたまたま当園がミスをしていた可能性もありますが。)と言われます。

そんなこともあり、ここ最近は当日予約した方が来られなくても、少し諦める習慣が身に付きはじめていました。

先日も時間になってもお越しになられないお方がいました。通例に習い、近隣の山小屋に連絡をしました。どこにもいません。

携帯に電話をしてみても繋がりません。

それ以上する術もなく諦めたのですが、翌日そのご家族からまだ下山してないというお電話を頂きました。

警察への通報は私のほうが慣れてますので、私から警察へは連絡をしました。

捜索も行い、それから日がたちますが今だに連絡が取れない状況です。

どこの山小屋も無連絡によるキャンセルがあります。

その都度、来られない方がいた場合、警察に連絡をしても、誰も救助要請をしていないのですから動いてもらえません。それをしていたら夏山シーズンが始まったら、毎日どこかの山小屋から連絡が入ると思います。

それはそれで本当に救助を求めてる人を救えなくなるかもしれません。

山小屋も商売をしています。限られた期間で定員制で行っています。当日のキャンセルは料金を請求されるかもしれません。ただし、定員制でやっている以上、私たちもキャンセル料を貰ったからといって得をすることはありません。

そこは、当日に行程が変わってしまったハンデとして諦めて、ご連絡を一本頂けたらと思います。

ほとんどの方がルールをお守り頂いています。

それで山岳救助が適正かつ迅速に行われます。

今回の一件をぜひ夏山に繋げたいと思います。

プロモーション

ニリンソウ真っ盛りの徳沢です。雪解けも遅く心配していましたが、ここ数日の気温上昇で一気に花開きました。

ヤマエンゴサクなども顔を出し、春の役者たちが揃ってきました。

さて、ゴールデンウィークよりオープンした新相部屋。人生相部屋の改装4回目にもなりますので、今までの経験と、考えられる要素を全て入れました。お陰さまで大好評です。

時代に合った相部屋作り。本当に楽しかったです。

写真は前にお見せしましたが、奥行きがありなかなか写真だけでは分かりにくいため、立体で分かるように映像を作ってみました。

ぜひ、夏山登山の際のリストに加えてください。

見頃撮頃食頃

はじめまして。
2年目の竹内です。フロントでうろちょろしておりますのでお気軽にお声かけ下さい!

皆様、お待ちかねのニリンソウのシーズンがやってまいりました。

5月20日頃には見頃を迎えそうです。

テント場も芝が青くなってきて、お昼寝するころには最高のロケーションになってきています。私もお休みの日は前穂を見ながらテント場でゴロゴロしたり、読書をしたりしてのんびり過ごすのが何とも贅沢な一瞬だと感じています。

そしてオススメのソフトクリームを、今年から新発売のステンレスマグに入れてテント場で山を見ながら食べると疲れもふっとびますヨ!!

ニリンソウ、ソフトクリーム、新相部屋の〔HOTAKA〕、
たくさんいい写真が撮れます。

みなさんの撮った写真をいっぱい見せてくださいね。

お待ちしております。

いっちゃん。

相部屋

雪もだいぶ無くなりいよいよゴールデンウィークを迎えます。

そして、昨年の秋より手掛けていた新しい相部屋が遂に完成しました。

個室、特に洋室が人気で、相部屋にテコ入れを考え出したのは3年ほど前。一時は、相部屋を無くし個室だけでとも考えました。

しかし、登山は趣味。一生のうちに一度しか泊まらない宿ならまだしも、年間を通して何度もお越しいただくお客様もいます。今年は穂高。来年は槍ヶ岳と。目標を変えてお越しになられる方もいらっしゃいます。
そして、あるご婦人に言われた言葉。
「高級旅館。高級ホテルは日本中にあるけど、高級相部屋はどこにもないですよね。是非女性でも安心して泊まれる相部屋を作ってください。」
この言葉が、私の中に常に引っ掛かっていました。

昨年トライアルでオープンさせたカラマツ。

とても好評で、プライベート感もありワクワクするお部屋になりました。

そして、昨年末。半分だけ相部屋が完成しました。世界の国立公園のポスターを集めシックで落ち着いたお部屋になりました。二階部分もはしごではなく、階段をつけ、昇りやすい設計になっています。

そして、ようやく残りの半分が完成し、5月3日の大安にオープンいたします。

全てのお部屋の内装は違います。ただ、コンセプトは決まっていまして、
「山小屋があるから山に行こう」
お客様が泊まりたい相部屋を目標に、39年間遊び尽くした経験と持てる知恵を結集致しました。

最後のお部屋は…。動物たち。しかも、アフリカの動物たち…。
北アルプス、上高地には全く関係ございません。

なぜ?

こちらは長くなりますので後日また書かせて頂きます。


ぜひ、新しい時代の相部屋をご利用ください。

スタート

本日27日。第49回開山祭も無事終わり2017年シーズンがスタートしました。

このところの陽気で雪も大分無くなりいよいよゴールデンウィークを迎えます。

まだ、New相部屋が完成していませんが、今月中には完成し皆様に御披露目出来ると思います。

天候も安定し、無事故で半年が過ごせますように。と祈りつつ頑張ります。

今シーズンもよろしくお願いします。

追伸
当園社長は、現在上高地、北アルプス地区の町会長をやっております。今回の開山祭も実行委員長ということで、開山祭終了後にはマスコミ対応をしていました。

これだけマスコミに囲まれると何だか嬉しそうでした…。

入山しました

ブログは書いていませんが、せっせと徳沢と松本の往復を繰り返していました。

今年の残雪は多いと言われていますが、ここ徳沢でもとても多く、例年の何倍も苦労をしています。

キャンプ場はまだ雪の中。あまり見せてしまうとゴールデンウィークのお客様に影響が出そうですが、4月19日の徳沢です…。

恐ろしいくらいに吹雪きました…。

ただ、これからは温かい日が続きそうなので一気に溶けると思います。

そして、20日の夜。第一次先発隊が松本に終結しました。決起集会をかねて松本でお食事会。

そして、本日21日に第一陣12名で入山しました。

ここに新人7名を迎え、皆様のお越しを奥上高地でお待ちしています。

今シーズンも宜しくお願いします!

ステーキ

温かくなってきました。ここ松本でも厚いコートなしでも昼間は歩けます。

上高地はまだ雪の中。どんどん溶ければ入山が楽になりますので、このまま春を迎えてもらいたいものです。

シーズン開始に向け準備も進んでいます。

先日は、当園のメインステーキの打ち合わせがありました。

当園の夕食メニューのメインはステーキです。これは数十年続く名物です。(春の時期の個室のメインは地元山菜の天婦羅になります。)

夏以降は、毎日100名近くの宿泊がありますので、その肉の量はとんでもない量になります。

いい肉を出したくても量が揃わない。出生地を揃えたくても半年間続けるにはどうしても欠けてしまう。など、難しいものがありました。

詳しくは書きませんが、日本の肉の流通システムもとても複雑なものがあります。1つの肉屋で揃えられる肉の量には限界があります。

信州産の牛肉。大自然の中育った牛肉はとても味わい深く私たちでも手に入れるのは大変でした。ましてや、半年間続けて大量に…。

シーズンを通して信州産牛肉を提供したい。それは女将は祈願でした。

しかし、その肉の大元であるJAさんに交渉を重ねて、今シーズンより、個室のお客様はもちろん、相部屋のお客様に至るまで、当園お泊まりの全てのお客様に信州産牛肉を提供出来るようになりました。

その量に、JAさんも面食らっていましたが、優先的に欠けることなく提供出来そうです。

実際に今年から仕入れる肉をお持ちいただきましたがその色艶にうっとり。

ぜひ希少なお肉をお楽しみくださいませ。

(春の時期の個室のお客様のメインは地元山菜の天婦羅です。こちらも大好評でこの時期でしか味わえませんで変えません。)

« Older posts