上高地 徳澤園のブログ

投稿者: ToKuSaWa4468-En (Page 1 of 55)

日に日に

松本も日に日に夏に近づいているのを感じます。

町場をみると飲食業はまだまだ客足も鈍そうで席の間隔も広く取っているので、同じ経営者としては大変なのは痛感します。

 

ただ、少しづつですがかつての日常に戻ろうとする動きが始まりました。

3月からパタっと止まった宿泊予約もようやく入りだし、少し明るい材料も出てきました。

 

また、こんな時だからこそ新しいことにもチャレンジしてみます。多忙な時には出来なかったことやこれからアフターコロナの観光業模索などを含め色んな企業さんなどにご協力を頂きながら進めています。

契約事や各役所との調整もありますので具体案はまだ言えませんが、6月中下旬には皆様にお知らせ出来るかと。

日に日に暗い情報が少しずつ減ってきて、新しい希望が少しずつ増えてきた今日この頃。

このタイミングで楽しくしている私を隣で不安に見つめる若女将だけが気になります…。

準備

全国の緊急事態宣言が解除されました。

ただ今だに地震も続いており何かと気が抜けない上高地です。

さて、一月半後にオープン予定の当園。どんな世の中になっているのかわかりませんが、準備は進めています。

これからの観光業。すごく難しいです。先行きが暗いということはないと思っていますが、頑張って流行らせたら密になる。満室にしたら密になる。行列を作らせたら密になる。頑張らなかったら人が来ない…。

 

楽しい旅行。食事に関しては、出来る限り横並びで会話を控える…。

人との接触を避けるため、今まであったサービスを取りやめる。

飛沫感染を防ぐためなるべく会話をしない。

 

観光と感染。全く対極にある課題にどんなバランスで営業していくか模索中です。

例年より問合せが唯一多いのはテントです。私も今年のキーポイントだと思っています。全てを解明されていない中で、何となく外だし、イメージ的にいいのかなとも個人的に思います。

まだ詳細は発表出来ませんが、6月の後半くらいには徳澤園で出来る新しいテントプログラムを提示出来たらと準備しています。

新しい生活様式。慣れるまで利用者も提供者も少し時間がかかるかもしれませんが、知恵を振り絞って新しい楽しみ方を考えています。

 

追記

お陰様で肝いりで発売した三蜜が好調です。最近はちょっと洒落の効いた贈り物にも利用され、パッケージもリクエストが入るようになりました。栗ちゃんが可能な限り対応致しますので、ご希望の方はメッセージ欄にでもリクエストしてみてください。

山の新常識という分野も出てくると思います。この時期投資は怖いのですが、ある新しい会社とコラボで新商品作っています。こちらも実現出来たらいいなと思っています。

独り占め

本日1人で徳沢にいます。

もちろんお客様もいません。

淋しいです。

この自然を独り占めとか言う人いますが、その方のモチベーションがわかりません…。

ラインの返信は5秒以内でしています。

自立式ハンモックで楽しもうと思って広げてみましたが酔ってしまいました。

誰よりもソーシャルディスタンスとっています。

久しぶりに思いっきり深呼吸してみましたが、出てきたのはため息でした。笑

WEB SHOP

こちらは松本でHOME ALONEのフロントのくりです。

先月、山にいた時はまだマイナスの世界で、フリースとダウンが手放せなかったのですが、市内は暑く、何年ぶりかのTシャツ短パン姿で慣れない暑さにうなだれる日々です…。

しかも夏は山にいるので、自宅に夏服なんて無く、手元にあるのは3枚のTシャツのみ…。

(あろうことか、ネットで買えて、すぐ乾き、とっても可愛いと定評のあるNO MOUNTAIN NO LIFE Tシャツは山に置いてきてしまいました…)

ミニマリスト目指しているので、とりあえず入山までは洗濯との戦いになりそうです。

 

本日はみちくさWEB SHOP 店長 栗山より、皆様にお伝えしたいことが2つ。

まず1つめは感謝の気持ち。

みちくさWEBSHOPのレビューやお問い合わせでの徳澤園を案ずるメッセージや応援コメント。

しっかりすべて読まさせて頂いております。

皆様の温かいメッセージでパソコン画面が滲んで読めないです。

ありがとうございます。

沢山頂戴しているためお一人様ずつ返信ができず、申し訳ございません。

この場を借りて、心よりお礼申し上げます。

本当にありがとうございます。

 

2つめ

先月、ひっそりとWEB SHOPにて数量限定で販売しておりましたTHE NORTH FACE様とコラボの「スクエアロゴパーカー 上高地ver」

有り難いことに、宣伝する前に瞬く間に完売し、多くのお問い合わせを頂いておりました。

こんなに反響が頂けると思っておらず、慌ててTHE NORTH FACE様にお願いし、そして、再販が決定いたしました~!

 

5月24日(日曜日)の午前10:00よりみちくさWEB SHOPにて販売予定です。

いずれもUnisexで、サイズ感等は商品ページに記載がございますので、ご覧くださいませ。

こちらは今期最終入荷となります。

SMLサイズそれぞれ25枚ずつの入荷です。ご了承くださいませ。

 

また、同じく多くのお問い合わせ頂いておりました、Klean kanteen保温ボトルのターコイズブルーも再入荷いたします。

こちらは5月22日(金曜日)の午前10:00より販売いたします。

(販売日程等の予定は予告なしに変更になる場合がございます。ご了承ください)

 

そして、社長が発案しました「俺の三蜜」。

夜9:00に社長から突然の電話。

「くりちゃん!ひらめいた!」

と興奮状態で説明する社長。

戸惑う私。

 

三蜜…これは怒られるのではないかとビクビクしておりましたが、多くの、ひろーい心をお持ちの方、シャレのわかる方にご支援頂き、本当に感謝でいっぱいです。

予想以上にご注文頂き、慌てて社長に連絡したところ、「よろこんで!」とルンルンでまた蜂蜜採りに行っちゃったので、「俺の三蜜」も引き続きお願いいたします。

 

 

今後ともみちくさWEB SHOPをよろしくお願いいたします。

 

くり

現在の徳沢

前回、観光に対して熱く語った次のブログがこんなにもグダグダで申し訳ないです…。徳澤園らしいと言えばらしいのですが…。

蜂蜜も取らなきゃいけないし、手続きなどもあるので弟を残して下山しています。

ニリンソウ咲き乱れる徳沢から下山する私と、1人残される弟を表現してほしいと画伯にお願いしました。

私がどういう手段で下山するか伝え忘れたのでこのようになってしまいました…

 

「STAY HOMEからのHOME ALONE…」

(作 トーコ)

ルール

オンラインで友達とゲームをする子供達。

スマホの動画を見ながら、ワイヤレスイヤフォンでヨガをする若女将。

打ち合わせは、電話とLINEで済ませるわたし。

コンビニに行くとレジカウンターにはビニールが垂らされ、神社に行くと鐘を鳴らす紐は撤去。

人に会って話をする時は、何か気をつけなければと後ろめたい気持ちになり、アルボナースを見つけると、それを使わなければ次のステージに進めませんみたいな感情になります。

外出中マスクの紐が切れた時には、その日終了…。

消毒液というスタミナを見つけ、マスクというライフを守る。
どこかゲームの中を過ごしている気分です。

みんな不安で、感染することの不安はもちろん、この先娯楽のない世の中になってしまうのではないかという不安があると思います。

みんな大好きなサッカー。

サッカーを考えた人が、最初に手を使ってはいけないと決めた時、絶対に反対されたと思います。

足だけでボールを操るのは無理だとか、敵に囲まれたらどうすればいいのか。

ボールを入れるゲームなんだからディフェンダーはやりがいがなくてつまらないだろうと詰められたかもしれません。

やっている内に、パスが生まれて、ボールのないところでの動きが評価されて、組織的に機能した時にチームでの喜びが生まれた。

縛られたルールだったのに世界で一番愛されるスポーツとなりました。

私たち観光業や飲食店の人たち。本当に苦しい日々を送っています。急にできたルールに、戸惑ってどう攻めればいいのか。守っていることが楽しいのか?などわからないことだらけです。

でも、遊びや娯楽を提供する私たちが、新しいルールを決めて、不便だけどこんなやり方すれば楽しめるよね?こんな工夫をしたらやりがいあるよね!みたいな方法を見つけてみなさんにご提案できれば、みんな少しは明るい光が見えてくるんではないかと思います。

サッカーで例えたら、手に続いて足まで使ってはいけませんルールに変更。

窮屈過ぎて最初はつまらないかもしれません。

でも、味方チーム2人でボールをお尻で挟んで走り出し、ヘディングでゴールを目指す戦術を、私たちが考えればいいのではないか。

今までのやり方を続けるために、徹底的に感染対策をするのは当然。

だけど、ルールが変わったのだから、遊び方も変えて、戦術なり、楽しみ方を提案すること。

手を使ったお客様にも、足を使ったお客様にも、それ反則ですよと納得してもらい、でも、こんなことはいいですよと教えてあげる。

そんな戦略作りが観光業に求められていることだと思います。

いずれにせよ、私たち観光業が落ち込んでいたら、人間のためによくない。娯楽のない世の中になってしまう。

発想力を使って型にとらわれない遊び方を考える。

観光、飲食、娯楽、エンタメ。不要不急の主人公ではない!

今、みんなに希望の光を差し込んであげられる新しい未来の主人公です!

三蜜

静かなゴールデンウィークでした。

いつまでも引きずっていても私には守らなきゃいけない人がたくさんいますので、7月再開に向けて動き出すことにしました!

 

普段の年には出来ないこと、見てこなかったことに、考えなかったことを三密にならないように始めています。

オリジナルお土産として扱っている「春の花はちみつ」と「アカシア蜂蜜」。安曇野にある提携養蜂園の大自然で育まれた純国産。

今が蜂蜜採取の最盛期。その現場を見にこないかと養蜂園主から連絡をもらい、もう一度、どういう環境の中で作られているのか見てきました。

その場で遠心分離器で蜜を漉し、最後にもう一度布で漉してから何も加えず皆さんのお手元に届きます。

スーパーなどで売っている蜂蜜は百花蜜と呼ばれ、質の違う蜜を混ぜ合わせて売られているそうです。

 

今、通販だけで営業をしている旨を話したら養蜂園主がこの時期にしか取れない藤の花を集めた希少な蜂蜜を分けてくれました。

「山藤の花蜂蜜」市場には殆ど出回らない代物です。

 

ピクッ…………何か感じる

実はちょっと期待してた…

もう一種類あるかもってことを…

来た……来ましたこの感じっ!!!

自分の持ち味の発想力。春の陽気に合わせて開花しました。

オリジナルの

「春の花はちみつ」と「アカシア蜂蜜」。そして、今回手に入れた「山藤の花蜂蜜」…。

 

 

俺の三蜜!!!

 

三密という今ナイーブな言葉。取り扱いの難しい言葉と言うのは重々理解してます。

また、とても希少な蜂蜜だと言うこともお伝えしなければなりません。

ネーミングは重要です!

この興奮状態に発想だけは次から次にでてきます!

私…まだ大分精神的に弱ってるみたいです。

家族からとんでもない反対をされこちらの商品名となりました。

 

 

私はふざけていますが、蜂蜜は藤の花香る確かな商品となります。いつも反応の薄い若女将が大絶賛してましたので確かかと。

何本か欲しいと言われたのでWEBショップで買えると伝えておきました。

 

今年会えなかったお客様に。

また、このゴールデンウィーク自粛していて会えなかった大切な方へのプレゼントにご活用ください。

 

(会計士の先生に今年は無駄な投資は絶対に避けるようにと強く言われております…ご協力よろしくお願いします…)

 

みちくさ WEB SHOP

格闘

本当であればニリンソウ咲き乱れ新緑の美しい季節です。

いまだ衰えを見せないコロナ。

上高地の他施設のブログなども休業延長のお知らせなど暗い話題ばかりになってしまいます。

どこの観光地も来て欲しいけど、今観光アピールや美しい風景を写真などで伝えるのはどこか不謹慎かななど、多くの地域で自粛や県を越えての観光客を受け入れ出来ない状況に困惑しています。

WEBでお買上げ頂いた皆様からも、上高地をおうちで感じたいので写真アップしてくださいというメッセージもたくさんもらっています…。

でもまだSTAY HOMEが妥当だとも思います。

写真を載せられないのでうちのトーコ画伯が書いてくれました。

「本当は北アルプスに行く予定だった青年」

 

画伯ちょくちょく送って来てくれるのですが、芸術の枠を超えてまして常人には理解に苦しみます。

昨日は、

「ピンクのカラスの帽子」

という訳わからない絵が届きました…。

路線を春のニリンソウなど人が見て温かな気持ちになるようものに戻させております…。

自粛延長への想い

私たちはニリンソウの1番綺麗な時期には迎えられるように祈りながら準備をしてきました。

こんな時期ですので、投資は出来ませんが知恵とアイデアを出し合い続けました。

いつも一緒に小屋開けや改装をしてくれる職人軍団さんも一緒になって工夫してくれました。

 

スタッフ達は皆さんに会いたくて会いたくて、普段の年よりも念入りに掃除をしてくれました。

 

ただ、新型コロナウィルスの影響が続いています。

知恵やアイデア、気持ちやおもてなしだけでは解決できません。

徳沢が1番輝く季節。でも、私たちが頑張ることで、今求められている自粛を緩めてしまうかもしれない…。ずっとこの考えと格闘していました。

 

失うものも大きいけれど、見切り発車の状態で営業を行い、もしも信頼を失ったときの後悔の方がもっと大きいと判断し、7月14日まで営業を自粛することをご報告します。

 

心の中には、悔しい、コロナが憎いなど情けないほど未練もあります。営業日数の半分を捨てる恐怖もあります。

でも、こんな時だからこそ感じた人の優しさもありました。

皆さんからのメッセージも、こちらに気を使いつつ、励まし、応援、慰め、協力、そして勇気をたくさん貰いました。

徳澤園がたくさんの方に愛されていることも再認識致しました。

飴と鞭で鍛え上げた最高のスタッフたちも手放しません。

 

今年の夏には、希望に満ちた世界になっていると自分に言い聞かせて!

夏までもう少々お待ちください!

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う営業自粛のお知らせ

 

今できること

閉塞感半端ない時代です。家にいることが人のためになるときです。

スタッフたちも避難させて取り残された私。

あるスタッフからラインが入りました。

 

2年目のトーコというスタッフです。今時の若い女の子で何考えているか全く分かりませんが、とにかく懐いてきます。芸術に関しては底知れぬ才能はあります。

表現するとしたら、卵から生まれた鳥が私を見てしまい親と勘違いしている感じです(笑)

今、私のために家でできること。

 

こんな素敵なSTAY HOMEもあります。

 

 

今できること…

トーコ…

WEBで売っていいか……?

« Older posts