みちくさブログ

上高地 徳澤園のブログ

Author: ToKuSaWa4468-En (page 2 of 47)

早稲田

子供と時から親しみのある大学です。うちの社長は、早稲田大学山岳部。そんな縁もあり、早稲田山岳部の合宿は、当園が現地連絡先となっています。

かつて山岳部全盛期は、徳沢をベースキャンプとして、沢山の学生が穂高、槍を制覇し徳沢に集合する。

200人用の炊き出し鍋で調理された料理をみんなで囲む。

何日間も山の中を、風呂も入らず駆けずり回るので、その匂いは強烈。東京に帰る電車も、どんなに混みあっていても座れる…。

子供の時の早稲田の印象はそんなものでした。

ただ、子供ながらに私もいつかはここに行くのだろうと思っていたのですが…。

一つだけ知らなかったのは、偏差値がめちゃめちゃ高かったこと…。これだけ、面倒を見ているのだから、忖度や裏口など色々と手はあったと思うのですが…。私は入れてもらえませんでした…。

6月の誰もいないキャンプ場に一つ大きなテント…。

恒例の早稲田大学山岳部のテントです。

涸沢に一週間こもり本日徳沢に帰ってきました。

こんな時代です。

汗臭い山岳部はどこの大学も天然記念物のような存在。

現在部員は、三年生2名。そして、今年四月に入った一年生5名のみだそうです。

父の時代は、入部希望が多過ぎて、山中を走り回らせ、山を嫌いにさせて人数を絞る。それが山岳部だと聞いたことがあります。

時代にあった育て方というのもあります。

学生「今、涸沢から帰ってきました!」

私「お帰りっ!相変わらずいい臭いするね!徳沢ロッジで外来入浴やってるよ」

学生「あっ。はいっ。でもさすがに迷惑かなって…」

私「大丈夫。支配人いい人だから。電話しておいてやる。あと、どうせろくなもの山の中で食べてないから夕食はうちで用意してあげるから」

TEL

私「あっ。支配人。暇でしょ?」

支配人「暇」

私「山を志す若い芽を我々大人が摘み取ってはいけ…」

支配人「…ない」

私「こんな暇な時期に来てもらってるお客様は神…」

支配人「…様。てか、ばれてるよ。いつものでしょ」

私「yes!!」

支配人「喜んでっ!」

綺麗さっぱりにして、腹一杯に飯を食べさせる。

甘いという意見もあろうかと思いますが、この現代で一週間風呂に入らず、携帯も繋がらず、昔ながらの装備で伝統を繋げる若者たちには大人のサポートも必要です。

光、希望に満ちた青年たちは眩しく、成長したように見えました。

いつの日か、地図を読めるということが役立つ日が来るから。頑張れ!全国の山岳部!!

お買上

ニリンソウシーズンも終盤に差し掛かり静かな徳沢です。

これから差し迫る夏山を前に、上高地の6月は閑散期となります。

上高地は梅雨の影響をあまり受けず、晴れた日は本当に気持ちのいい陽気なのですが、やはり梅雨のイメージは払拭できず、なかなかお客様がお越しになりません。

スタッフたちには、一足早い夏休みを与え、各自色々と計画を練っているようです。海外へ出掛けたり、実家に帰ったり、金沢、高山など近場の観光地を旅行したりと…。

但し、私は暇を喜んでいるわけにいかない立場です。そして、窓拭きばかりスタッフにさせていても窓ガラスが薄くなりそうなので、フロントのくりちゃんと共に、先日遂にWebショップを開店させてみました。

不安ばかりの初日…。

なんと注文が入りました!!

涙を堪えて、メールを確認する私とくり。そして、親戚ではないかとお互いに疑い、親戚ではないと判明致しました!!

八王子にお住まいの天使様!お買い上げありがとうございます。

私「お礼の電話するか?」
栗「それではWebの意味がないんで」
私「そうだな」
栗「何で買ったかメールで聞いてみます?」
私「気が変わったら困るからやめよう」
栗「そうですね…」

ちぐはぐなオーナーと舞い上がりまくってる店長ですが今後ともよろしくお願いします。

祝 開店!

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
久々にみちくさブログ書かせていただきます、フロントくりです。

突然ですが、当園ブルーベリージャム、はちみつをご愛顧いただいておりますお客様に朗報です。
この度、ネットショップ「MICHIKUSA WEB SHOP」を開店いたしました!
ブルーベリージャム、はちみつがネットで気軽に簡単に購入できます。
URLはこちらです → https://tokusawaen.stores.jp/

それに伴い、5年目フロント栗山は ネットショップ店長に就任いたしました。出世しました。

長年、お客様から「ジャム、はちみつを1年間分ここで買い込んでいくんだ」「いつも12月くらいにジャムが無くなってしまって、どうしても食べたいから追加で現金書留送って買ってます」「友達に送りたいけど、手段がないのよね…」と様々な声を頂いておりまして、近代化が進む徳澤園、ついに重い腰をあげました。

そして!!!!開店記念といたしまして!!!
6月30日までに5000円以上お買い上げいただいたお客様には!!!
なんと!!!!!!
当園オリジナル商品「POCHI」をおひとつプレゼントさせていただきます!!!!
(※色はご指定いただけません。)

ネットで売れますよ!と、意気込んで開店をしてはみましたが、「くりちゃん、本当に利用するお客さんいらっしゃるの・・・?大丈夫?」と、専務から心配(圧力込みで)されております。

とりあえず試しにとジャムとはちみつを中心に開店しておりますが、ご利用が増えましたら、もしかしたらTシャツや手ぬぐいなど販売の品数が増えていくかもしれません。(ゆくゆくはネット限定とかも出してみたい・・・!という栗山の野望もあります)

当園ブルーベリージャム、はちみつ愛好家の皆様、ご自宅用にプレゼント用にぜひご利用くださいませ・・・!

満開です

はじめまして、新人のあっちゃんです。今年はニリンソウの開花が早く、この週末にはもう咲き終わってしまうのではと心配しましたが、雪が降って急に冷え込む日があったお陰か、ただ今ニリンソウ、ヤマシャクヤク、ラショウモンカズラが一斉に咲き誇っていてとても綺麗です。ぜひ見にいらして下さい。

万を期して

静かな徳沢です。ニリンソウもそろそろ真っ盛り。来週からは少しずつ賑わってくると思います。

さて、冬から騒いでいました新洋室の改装。こだわりにこだわりまして、5月3日よりオープンしています。

毎年たくさんのお客様とお話します。それをヒントに毎年少しづつ色々と変えてきました。

中には、この場所で必要?というご指摘があったりもしました。

時代が進み便利が当たり前となり、その当たり前が山に求められたりもしました。

ただ、私たちも便利さのお裾分けといいますか、昔は無理だったけど今は工夫をしたら出来ることも増えたのは事実です。

今回のリニューアルは、今までご指摘あった無理難題やご注文を整理し、今だったらここまでは出来るということを集めたお部屋です。

もちろん、消灯時間やゴミの持ち帰り等、山のルールはきちんとお守り頂いた上で、少しだけ贅沢な気分を味わって頂くお部屋に仕上がっています。

そして、今回のお披露目は、万を期して動画でご紹介させて頂きます。

お気に入りの本を一冊ご持参頂き、新しい登山、新しい山の過ごし方をご提案致します!

ニリンソウ情報

いよいよこの時期がやって来ました。問い合わせも多くなりました。

ニリンソウは、あと一週間くらいでピークを迎えそうです。例年より早く進んでいましたが、先日の雪で例年に近い感じです。

徳沢手前の古池辺りはこんな感じです。

徳沢辺りは、20日頃ピークを迎えそうです。

解決方法

ゴールデンウィークも終わり静かな徳沢です。スタッフたちもようやく余裕も出てきました。

ここから二週間静かな日が続きます。思い切り体を使った先週とはうって代わり、今度は頭を使っての研修や細かい外回りの片付けが始まりました。新人も夏までに、一人前の山小屋スタッフに仕上げていきます。





さて、例年は日本のお客様に対する研修になりますが、昨今の観光業。外国人の割合が目覚ましく増えています。当園にも、世界各国のお客様が訪れます。

事前に準備できるものは、英語のプリントを作成しなるべく不自由なく過ごせるようにしています。

もちろん、文化の違いや食の違いなど食い違いはありますが、そこは楽しい旅行中。大抵のことはお互いが譲歩して解決します。

最大の難点。言葉の壁。英語以外の言語を話されるお客様。そんな時は、スタッフ総出でゼスチャー…。それでも、ダメなら原点に戻り日本語で話す。

本日も最後はみんな笑ってましたので解決した模様です…。

報告です

お察しだと思いますが…。徳澤園営業始まりました…。

入山、営業準備、ゴールデンウィークと忙しさを理由にブログをサボっておりました。

今朝、私のLINEを見ましたら、妻から「そろそろミチクサ更新して、近況を教えてください」と入っておりました。ブログは、私たち夫婦唯一の情報通達アイテムでもあるというのを忘れておりました…。

ゴールデンウィークが終わりました。前半は、好天に恵まれ、4月だというのに沢山のお客様がこられました。今年は雪も少なく、既にニリンソウをちらほら咲きだしています。

ただ後半は、予想外の雪。

お客様は、皆さん驚かれ騒がれていましたが、私が一番びっくりしました。この時期に、これだけ雪が積もるのは記憶にありません。

ただ、最終日には天候も回復しこの時期に珍しい新雪の穂高を拝めることが出来ました。

新人さんたちは、試練の時。昨日今日来た新人さんよりもお客様の方が色々と詳しい中での接客となりますので、ど緊張の接客となります。このゴールデンウィークでもみくちゃにされると一気に成長しますので、ドキドキしますが見守ります。(今年の新人さん。まだまだ猫を被ってるだけかもしれませんが、今のところどの子も元気な期待の持てる子ばかりです!)

改装中の洋室も間に合いました。詳細は後日詳しくお見せしますが、私の取った写真を少しだけ。

という訳で若女将。私は元気にお山で過ごしております。

収穫

入山も後数日に迫りバタバタした毎日です。シーズンが始まるワクワクと下界の名残が交差しています。

すでに何度か上高地には行ってきましたが、ここ数年で一番雪がありません。キャンプ場も既に全面地面が出ています。約三週間ほど早く春がやって来ました。

さて、春と言えば例年恒例のふきのとうに始まり、山菜など自然の恵みの収穫時期でもあります。

ただ、今年はあまりに気温が高いため、山菜は期待が出来ません。(恐らくシーズンが始まる頃には終わってしまっていると思われます…)

そんな中、先日女将からたくさん取れたよという連絡。

そして、写真まで送ってきました…。

???

どこに???

女将。春の山菜を諦め、実家の天草に遠征…。

お目当ては、

女将の兄も巻き込み、天然のひじきやらワカメやら取ってきました。

そして、連泊のデザートによく使われる甘夏まで収穫…。

それにしても、なぜこんなにも楽しそうなんでしょう?なんともたくましい。

ひじきなど和え物は、メインにはなりませんが、当園の脇役として大人気です。

ぜひ、山の中で天然のひじきをご堪能ください。

思惑

この時期、たくさんのガイドブックや雑誌掲載のお電話を頂きます。今年もたくさんの依頼が来たのですが、一つ顕著な特徴があります。その特徴とは。

雑誌映えするのでしょうか。口を揃えてこのKaramatsuの部屋の写真を依頼されます。

思い返せば、三年前。元々個室が人気でオンシーズンは、予約するのが大変でした。ただ、個室以上に相部屋の定員があったので、どうにか相部屋をおすすめしていたのですが、思うようにいきません。わざわざ雑魚寝部屋に予約してまでと思われていたのでしょうか?

どうにか相部屋を埋めたい。思考錯誤で生まれたのが、Karamatsuであり、昨年オープンしたHotakaでした。お陰さまでプライベートを確保した相部屋は好評でした。また、デザイン性を重視した内装も手伝ってマスコミの皆さんも宣伝してくれました。

これで一安心!!と思ってのですが、今年の予約。

この時期、三年前の予約は、個室が9割、相部屋1割程度の比率でしたが、今年に至ってはほぼ五分五分の割合です。

個室がガラガラなのに相部屋が満室というような日もあります。

思い描いた結果となり嬉しい悲鳴のように聞こえますが、単価の高い個室が空いてますので、なんとも微妙な心境です。

昨年までは、熱く相部屋の良さを語っていました。しかし、今年からはまた、個室の良さを見つけて語りたいと思う今日この頃です。

追伸
徳澤園の相部屋ができるまでというテーマでウェブマガジンの会社が特集してくれています。

https://hyakkei.me/articles-739

Older posts Newer posts