みちくさブログ

上高地 徳澤園のブログ

Page 2 of 48

今回台風による被害は受けず、ようやくいいお天気に恵まれている上高地です。

それにしても今回は、上高地北アルプスにとっては痛かった…。紅葉真っ盛りの週末でしたので、私たちもお客様もため息ばかりが聞こえます。

嫌な思い出ばかりの9月。

と肩を落としていると、厨房からけたたましい声が聞こえます。台風に負けない大きな声。

女将です…。

この声のボリュームは、誰かが怒られているか、何か嬉しいことがあったかのどちらかです。

「全部頂戴!!」

雨。嫌なことばかりではありませんでした。

この雨のお陰で、里山には秋の味覚の王様「松茸」がたくさん取れました。

松茸山を持っている知り合いから、松茸を買わないかという電話でした。

鬱憤がたまっていたのか勿論、全て譲って頂きました。

大変貴重な、旬の味覚ですので、全てのお客様にはお出しできませんが、個室にお泊まりのお客様には、地元産松茸の茶碗蒸しとして、夕食にお出しします。

まだまだ紅葉シーズンです。

台風の関係で、ご予約がお取りできる日もあります。

晩秋の上高地でお待ちしています!

秋といえば運動会。9月第四土曜日。息子の運動会に参加してきました。やはり、家族サービスは何を差し置いても優先させなければなりません!!

と、いじけながら呑気なふりをするのが精一杯です。

何なんでしょうか!

9月に入ってからお天気だった記憶がありません。

二回あった三連休もぐずついたお天気。大混雑の涸沢紅葉シーズンが始まってもまだ晴れない。

そして、涸沢紅葉最盛期の第四土日。ご存じのように台風がやってきました…。この日ほとんどの方が、半年前からご予約を頂いていました。皆様相当楽しみにされていましたのに、半数以上の方がキャンセルとなりました。

以前から若女将に、
「9月最終土曜日の運動会無理だよね?」

「無理に決まってるじゃん!この時期働かなくていつ働くの!間違いなくこの日幼稚園の中で一番忙しいお父さんだよ!!」

といい放っていた私ですが…。

「お手すきのお父さんはお手伝いをお願いします」
とアナウンスがかかる度。

「…先生。今、俺のこと見て言ってなかった…」と被害妄想。

どのお父さんよりも早く運動会に参加し、どのお母さんよりも遅く運動会を後にしました。

天気が悪いせいもあり、例年に比べ気温も下がっていません。来週いっぱい紅葉は楽しめると思います。

台風一過の一週間。そろそろ運良く秋晴れが続くことを期待します!!

天気予報

9月もあっという間に半ばを過ぎてしまいました。

みちくさブログ、レギュラーライターのフロント くりです。

「9月は、残暑という言い訳がありますが、1つでも多くブログを書きたいと思います。」

(8月6日のブログより)

とございましたが、9月入ってからの初更新が今日・・・。

更新を楽しみにしてくださっている方々へ、専務に代わり、お詫び申し上げます・・・。本当、すみません・・・。

さて、連日続く雨予報。ようやく晴れたかと思えば、また週末は雨?!なんで?!と、天気予報を見ては肩を落としております。私たちの情報源は、2時間ごとに更新されるYahoo天気予報。

専務「うわ!今日午後から雨予報になった!」 (あ、10時になったな・・・。)

女将「まあ!明日は晴れそう!」 (12時だ、ご飯食べよう~)

専務「うわー!週末雨!」 (14時!チェックインの時間!)

まるで、時報のよう・・・。

この時期、日本で一番Yahooを何回も開いて天気を気にしているのはうちの女将と専務な気がします。

もうまもなく、紅葉シーズン。

皆様が気になっていらっしゃるのは、もちろん涸沢の紅葉の具合だと思います。

先週末、元スタッフのすーちゃんが、悪天候の中、涸沢に行ったのですが、「まだ、始まったばかりで、少ししか色づいてなかったよ~」とのことでした。

昨日今日と、すこし肌寒くなってきましたので、そろりそろりとピークが近づいてきているようです。

【フロント栗山のひとりごと】

ここ数年、外国人のお客様が増え、シーズン中のインバウンド対策室(但し、メンバーは私一人)も年々忙しさを増しております。

私が徳沢に来た5年前から、変わったこと。

数はもちろん、この涸沢の紅葉の時期の問合せが格段に増えたことです。

東京、京都、大阪などいっぱい見るところがある日本なのに、なぜ、そこ?この時期?と疑問ですが、何かに取り上げて頂いたのか、毎日、うれしいことに紅葉時期の予約を頂きます。(しかし、もう満室で一切取れないのですが・・・)

日本人登山者も多いこの時期。外国人登山客も増えたらどうなってしまうの?!と不安に思ったくりでした。

ホット

お盆が過ぎて秋の気配がしてきました。朝晩の気温は3度まで下がり、8月ですが暖房を入れ始めました。暑かった夏が懐かしい今日この頃です。

この異常気象のせいか今年は台風がたくさん発生しています。しかも東に行ったり西に行ったりと…。

お客様も例年以上に敏感で、キャンセルもたくさん出てしまいました…。折角半年かけて頂き続けた予約が砂の城のように崩れていくのを目の当たりにし、落ち込んでいる中、お客様から今一番ホットなお土産を頂きました。

この夏一番の感動をくれた金足農業高校の商品です。

当園は全国各地からお客様が訪れます。そして、お土産を頂く機会も多いので、全国各地の名産品を味わえます。わざわざ背負ってきて頂くので味は格別です!

台風が去ったらまた頑張ります!!

スタッフバック

5月は、5月病。
6月は、一足早い夏バテ。
7月は、猛暑疲れ。

8月の言い訳を間違って7月で使ってしまい、8月の言い訳を考えていたら最盛期に突入していました。

ニュースを見ると猛暑。いや、極暑という言葉も目にします。

ここ徳沢でも、毎日いいお天気が続き、暑い夏を迎えています。気温は、28度が最高気温ですが、歩いたり、照り返しのあるところでは暑く感じます。

お客様も、例年は穂高を目指す方や槍ヶ岳にリベンジするといった目的を持った方ばかりでしたが、今年は上高地に逃げて来たという方もたくさんいらっしゃいます。私たちは暑く感じますが、お客様にとっては天国のような上高地です。

ただ、稜線では水不足が心配され適度に雨が欲しいこの頃です。

さて、今シーズン売店で注目のお土産は、なんと言ってもあの「The north face」さんとのコラボトートバックです。

1つ3,800円という高価なお土産ですので、当初は心配していましたが、予想を遥かに越える人気で、再発注を既に2回もしています。

そして、その第二段として8月5日。「The north face ×Tokusawa-en」のスタッフバックが発売されました。

7月中旬に見本が出来ていまして、売店に展示しておいたのですが、毎日多くの方に発売日を聞かれたり、お電話を頂戴したりと、久しぶりの鳴り物入り商品です。「The north face」さんくらい有名なブランドになると熱狂的なファンがたくさんいます。

色は、白300枚、黒300枚、赤100枚の計700枚。定価税込2000円。(今年の再発注は出来ません。)

最近、不調のWebショップ店長のくりちゃん。目の前の商品を片手に、Webショップで買えますので連呼していますが、もちろんミチクサショップ売店で買えます。ただ、一定数Webショップでも販売致しますのでよろしくお願いします。

因みに、初日50枚以上売れました!!

9月は、残暑という言い訳がありますが、1つでも多くブログを書きたいと思います。

追伸
とてもいい出来の商品です。ただ、赤に関しては、透かしの色が思ったより出ず…。

悪く言えば失敗…。
良く言えばシンプル!

従ってWebショップでは返品が怖くて販売出来ません。

恐らく、来年追加発注もしません。

超プラス思考の考え方をすれば、間違いなくプレミアム商品ですので!!

爽やかな白!
クールな黒!
微妙な赤!

よろしくお願いします。

お祭り

最近、書くネタがない・・・とスランプ状態の小説家のようなひとりごとを言って専務がブログの更新から逃げておりますので、またまたフロントくりが代打で書かせていただきます。

もう、代打ではなくスタメンに昇格しそうです。

日本各地、暑すぎる夏を迎えておりますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

徳沢でも例外なく、日中はいままで以上の暑さを記録しております。ですが、さすが山岳地帯。日中は28度を記録しても朝晩は12度と、かなり涼しく、いや、寒いくらいの気温です。気温差15度は、疲れている体には大分響きます・・・。夏場、ご宿泊の方は、何か羽織るものを持ってきていただいた方がいいかもしれません。

忙しさに気を取られておりましたが、気が付けば、もう子どもたちは夏休みに入っているのですね。

ここで働き始めて、早5年・・・。夏生まれのイベント大好きお祭り女のわたくしですが、書き入れ時のこのシーズン、祭りなんてものにはもちろん行けず、友達がSNSに載せた花火の写真を見てうらやむ毎日。

ですが、今年は2年に1度行われる、山と溪谷社さま主催の「カラフェス」がこの週末に開催され、わたくしもちゃっかり参加し、楽しみました。

残念ながら、土曜日から台風に見舞われ、いくつかの催し物は中止になり、イベントも前倒しに。

日中は、山の道具の使い方講座や、便利な山グッズの紹介、山登りに役立つ「ツボ」ケアや、登って歌うシンガーソングハイカーの加賀谷はつみさんと福島和可菜さんの美しいハーモニーが素敵なミニコンサート、大自然の中で行う「マインドフルネス」など盛りだくさんでした。

金曜日の夜は、山岳ライター、小林千穂さんと、当園主、上條敏昭とのトークショー。

小説「氷壁」のことや、かつて牧場だった徳沢の昔のことについて、写真を交えながらのトークショーでした。

お集まりいただいた皆様、ありがとうございました。

裏では社長よりも「大丈夫かなあ」と緊張し、人が集まるのかと心配し始める、女将と専務・・・。社長も「うっかり変な事しゃべらないようにしないと・・・」と準備からバタバタしておりました。

翌日土曜日の夜は、NHKでも取り上げられた「デナリ大滑降」を成し遂げられた佐々木大輔さんのトークショー。

氷点下30度の中、風にさらされながら急な斜面を一気に滑っていく。危険と隣り合わせの大挑戦。お話を、聞いても、全く現実感がなく、想像が追い付かないほどでした。

壮大なお話の後には、じゃんけん大会などもあり、こちらも大変盛り上がっておりました。

ですが、やはり台風と被ってしまったのが心残り・・・。

カラフェス、次はサンサンと晴れた2年後に!

やっぱりお祭りはいいですね!

フロント くり

P.S 3年前、気まぐれで数枚のみ作成し、数日で完売しましたThe North Face様と徳澤園とのコラボレーションの幻のスタッフバッグが、この夏、デザインを変えてみちくさショップにまもなく戻ってきます!MICHIKUSA WEB SHOPでも販売を検討しておりますので、乞うご期待!

新メニュー

雨も止み一気に夏らしいお天気になってきました。週間天気予報も太陽マークが続き、今週末の三連休は久しぶりに賑わいそうです。

新人スタッフも揃い始め、今年は総勢25名程のファミリーになりそうです。

さて、昨年は新メニューとしてかき氷を販売しました。

大好評でした…。

が、以前のみちくさでも書きました通り、あまりにも手がかかり過ぎて、いつの日かメニューから無くなる…という、なんとも情けない結果になりました。

そんな教訓を生かし、今年も新メニューを販売致します!

前から裏メニュー的にお出ししていたのですが、当園の看板商品ソフトクリームに、アイスコーヒーをかけ、そこにシナモンを振りかける。いい感じでソフトクリームとアイスコーヒーが絡まりあい不思議な食感に!

題して、コーヒーソフト!

何の捻りもないネーミングですが、一度ご賞味ください。絶対にはまります!

そして、昨年のもうひとつの反省点。ソフトクリームの行列。ひどい時は、30分以上お待たせしていましたが、今年はマシーンを増やしました。これで、大分お待たせしていたソフトクリームもちょっとお待たせする程度になると思います…。

準備万端で夏お待ちしています。

共存

日本を襲った大雨。各地で大きな被害が出ました。慎んでお見舞い申し上げます。

こちらも、夏山シーズンを直前に控え、一部登山道など被害を受けました。次の連休までに間に合うかどうかわかりませんが、官民一体となり全力で復旧しています。

現在は雨も収まり、この一週間はお天気も安定しそうなので、徐々に夏山に向けて準備を進めています。

この週末。当然と言えば当然なのですが、ご予約は全てキャンセルになりました…。もちろん、キャンプ場にも人はなし…。

人がいない徳沢。

すると、やつが現れました!そして、ついにカメラに押さえました。

一昨年より徳沢キャンプ場に住み着いてたあいつ。

キツネです。

人に危害は加えないのですが、夜にひょっこり現れ、テントの外に置いている食料やゴミを持っていってしまいます。ひどい時は、登山靴まで持っていかれました。

キャンプ受付時には、食料、靴等はテント内にしまってもらうようにお願いしています。

キツネを見たら嬉しいですし、とても愛くるしい存在です。しかし、彼らは自然の中でしか生きられません。人間と関わらないことで生きています。共存するために、依存させない努力を人間がしなければなりません。徹底したルール厳守でお願いします。

北アルプスは自然と共存して楽しむ国立公園です。

夏休み

甲信越地方にも梅雨明け宣言がされました。雨が降ると文句ばかり言う私ですが、降らないと降らないで心配にもなります。

一足早く夏到来。しかし、上高地は次の三連休までは静かな日が続きます。

どの施設のスタッフたちもこれから訪れる怒濤の夏山シーズンに向けて、一足早い夏休みに入っています。

当園スタッフたちも先日夏休みを終えて清々しい姿で戻ってきました。リフレッシュはやはり大切なようです。

夏休みを利用して実家に帰る人もいれば、旅行に行った人。山に登った人。

スタッフたちからもらった思い出写真です。

新人の三人は、

蝶ヶ岳に行ってきました。

新人のアスカちゃんは、

セブ島でバカンス。

2年目の港は、

分かりやすく東京で過ごしたみたいです。

3年目ヨッシーは地元

京都へ里帰り。

こちらも3年目いっちゃんは、

暑い初夏を避けるように北海道へ。

インドア派の栗ちゃんは、珍しく

宮古島で静養~

当園エースの優子ちゃん

香港へ大人の一人旅。

ベテランともなると…。チーちゃんは

姪っ子の職業体験に同行…。渋すぎます…。

皆それぞれが楽しんだみたいです。来週には、更に夏スタッフも合流します。

大所帯になり皆様をお迎えする準備は心身共に整いました。

早稲田

子供と時から親しみのある大学です。うちの社長は、早稲田大学山岳部。そんな縁もあり、早稲田山岳部の合宿は、当園が現地連絡先となっています。

かつて山岳部全盛期は、徳沢をベースキャンプとして、沢山の学生が穂高、槍を制覇し徳沢に集合する。

200人用の炊き出し鍋で調理された料理をみんなで囲む。

何日間も山の中を、風呂も入らず駆けずり回るので、その匂いは強烈。東京に帰る電車も、どんなに混みあっていても座れる…。

子供の時の早稲田の印象はそんなものでした。

ただ、子供ながらに私もいつかはここに行くのだろうと思っていたのですが…。

一つだけ知らなかったのは、偏差値がめちゃめちゃ高かったこと…。これだけ、面倒を見ているのだから、忖度や裏口など色々と手はあったと思うのですが…。私は入れてもらえませんでした…。

6月の誰もいないキャンプ場に一つ大きなテント…。

恒例の早稲田大学山岳部のテントです。

涸沢に一週間こもり本日徳沢に帰ってきました。

こんな時代です。

汗臭い山岳部はどこの大学も天然記念物のような存在。

現在部員は、三年生2名。そして、今年四月に入った一年生5名のみだそうです。

父の時代は、入部希望が多過ぎて、山中を走り回らせ、山を嫌いにさせて人数を絞る。それが山岳部だと聞いたことがあります。

時代にあった育て方というのもあります。

学生「今、涸沢から帰ってきました!」

私「お帰りっ!相変わらずいい臭いするね!徳沢ロッジで外来入浴やってるよ」

学生「あっ。はいっ。でもさすがに迷惑かなって…」

私「大丈夫。支配人いい人だから。電話しておいてやる。あと、どうせろくなもの山の中で食べてないから夕食はうちで用意してあげるから」

TEL

私「あっ。支配人。暇でしょ?」

支配人「暇」

私「山を志す若い芽を我々大人が摘み取ってはいけ…」

支配人「…ない」

私「こんな暇な時期に来てもらってるお客様は神…」

支配人「…様。てか、ばれてるよ。いつものでしょ」

私「yes!!」

支配人「喜んでっ!」

綺麗さっぱりにして、腹一杯に飯を食べさせる。

甘いという意見もあろうかと思いますが、この現代で一週間風呂に入らず、携帯も繋がらず、昔ながらの装備で伝統を繋げる若者たちには大人のサポートも必要です。

光、希望に満ちた青年たちは眩しく、成長したように見えました。

いつの日か、地図を読めるということが役立つ日が来るから。頑張れ!全国の山岳部!!

« Older posts Newer posts »